スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←オリオンをなぞって 【4】/完 →オリオンをなぞって 【2】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png Smell The Roses
もくじ  3kaku_s_L.png 妄想Adapter
もくじ  3kaku_s_L.png サンプル
  • [オリオンをなぞって 【4】/完]へ
  • [オリオンをなぞって 【2】]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

オリオンをなぞって

オリオンをなぞって 【3】

 ←オリオンをなぞって 【4】/完 →オリオンをなぞって 【2】

「お、おい、バニー! こんなの、ちょっとじゃ……っ!」
「触ってませんよ、手では」
 さっきまでの甘えモードはどこへやら。こちらを翻弄しながら、しれっと返してくるバーナビーがなんとも憎らしい。
「最後までしなきゃいいってもんじゃ…………あっ、そこ……触る、な…っ」
「でも事実ですから」
「……ですから、じゃ…ね…………やめろ、って……」
 下肢を押さえ込んでいる手の力を緩められるどころか、脚をさらに深く折り曲げられて、虎徹はかぶりを振った。
 だが、舌の位置は徐々に下がっていく。さらに際どいところを目指して。
「そこ…………やだって」
 思わず気弱な声が出た。ガクガクと下肢が震える。
 動いた拍子に中からトロリと溢れ出してきた蜜で、双丘の狭間は濡れていた。
 ダメだ、やめてくれと懸命に捩る腰を押さえる手も、秘孔の入り口を探る舌も容赦ない。
「すごい、もうヒクヒクしてますね」
「う、うそつけっ」
「嘘じゃありませんよ。ほら」
「ひっ…!」
 襞を舐められると、呼応するようにその部分が蠢いているのが自分でも分かった。
「中に欲しがって、ちょっと突付いただけで入り口が動いてるの分かりますか? すごくいい眺めですよ」
「この…………くっ、うぅ…っ」
 さらに舌を中まで差し入れられて呻く。
 どんなに抗ってみても、与えられる刺激は強烈だった。そのくせ肝心な奥の方までは届かないから、もどかしくてなおさら熱が高まってくる。
「あっ……あ、あ……」
(くそっ、やばい…………こんなんじゃ、また……)
 堪えきれずに先端から蜜が滲んでいたらしく、バーナビーにぺろりと舐められてジンと甘い痺れが腰に広がった。
「……くっ、ぅ…」
 あと少しでイケそうなのに、まだ達するには足りない刺激を求めて身体が疼いている。呼気も一段と乱れ、このままでは変なことを口走ってしまいそうだ、と思った時―――――
「どうします、おじさん?」
 絶妙のタイミングでバーナビーが問いかけてきた。
「何が、だよ」
「今夜はもうそろそろやめにしておきますか?」
「てめっ……ぁ」
(ここでやめるとか、どんだけクソ意地悪いこと言ってんだ。拗ねてんのか? 相手してやらなかったから拗ねてんのかよ?)
 怒鳴り返してやりたくても、唇からこぼれ落ちているのは恥ずかしい喘ぎばかりで、さっきからまともなセリフなどほとんど出てこない。
「あっ、あっ…………頼むよ、バニー」
「なんです?」
「お……俺っ、もう……」
 勝手に上擦ってしまう声が限界だと吐露していた。
 こんな時に目など合わせたくないのに、バーナビーはわざわざ上から覗き込んでくる。嬉しそうな表情をして。
「最後までちゃんと言ってください」
「…………我慢、できねー……」
「イキたいですか?」
 ガクガクと首を縦に振る。すると、さっきまで舌でいたずらされていた後孔に、バーナビーの指が触れた。
「こっちも? 中をぐちゃぐちゃに掻き回して欲しいんですか?」
「……して、くれ」
 敗北を認めた直後、情欲を宿したエメラルドの瞳がスッと細められたかと思うと、両手でしっかりと脚を抱えられて。
「いっ…………ああ、あっ!」
 熱く滾ったモノを蕾にズブリと突き立てられた。
 その硬さと圧迫感。本日二度目の挿入で、しかもろくにインターバルがなかったというのに、さっきよりも大きい気がして虎徹は眩暈を感じた。

関連記事
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png Smell The Roses
もくじ  3kaku_s_L.png 妄想Adapter
もくじ  3kaku_s_L.png サンプル
  • [オリオンをなぞって 【4】/完]へ
  • [オリオンをなぞって 【2】]へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [オリオンをなぞって 【4】/完]へ
  • [オリオンをなぞって 【2】]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。